2010年パチンコ収支


by vbslgvt40z

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 熊本市は25日、慈恵病院(熊本市)が親が育てられない子供を匿名で受け入れるために設置した赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)の09年度利用状況を公表した。15人が入れられ、14人の身元が判明したが、親元に戻った子供は1人で、家庭復帰の難しさを改めて示した。

 15人のうち新生児(生後1カ月未満)13人、1歳以上の幼児が1人いた。全員虐待の跡はなかった。身元が分かった14人の親の居住地は、関東が5人で最多。以下九州3人、中部・近畿・中国が各2人。熊本県内はいなかった。母親の年代別では20代が9人と最も多く、10代3人、30代2人だった。

 熊本県の検証会議が09年11月にまとめた最終報告は、親がポストを利用した背景などを盛り込んでおり、熊本市は今回から公表項目を7項目増やし25項目とした。新たに公表された、ポスト利用の理由は「未婚」「世間体・戸籍」が6人ずつで最も多く、「祖父母の反対」などが3件と続いた。両親の関係は夫婦が2組、恋人などが4組。別に妻子がいる父親2人、別に夫がいる妻1人の不倫関係が3件あった。養子縁組の成立や里親委託など、その後の子供の状況は公表されなかった。

 会見した慈恵病院の蓮田太二理事長は、身元が判明した子供が親元に戻っていないことについて、「児童相談所は家庭で育てるよう努めてほしい」と、親元に戻れない場合は養子縁組を勧め、新しい家庭を得られるよう努力するよう訴えた。【結城かほる】

【関連ニュース】
0歳女児虐待:両親を傷害容疑で逮捕、送検…大阪府警
長女虐待:0歳時に重傷、24歳両親を逮捕 大阪府警
裁判:娘の点滴、水混入の母に懲役15年求刑 京都地裁
傷害容疑:1歳長女に熱湯 23歳母親逮捕 大阪
小1虐待:母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿

<常用漢字>191字増の2136字 改定答申案決定(毎日新聞)
三橋歌織被告「責任能力あり」=夫殺害切断、二審の再鑑定で―東京高裁(時事通信)
ワクチン投与「やむを得ず」=農水相に苦言も―宮崎県議会議長(時事通信)
被害者なのに…責任追及の矢面に(産経新聞)
普天間方針、福島氏「首相発言」で決定に反対(読売新聞)
[PR]
by vbslgvt40z | 2010-05-27 14:05
 13日午後5時20分ごろ、山梨県南アルプス市上宮地の無職男性(76)方の車庫で、高齢の女性が首をつって死んでいるのを近所の住民が見つけ、119番通報した。消防が駆けつけたが女性はすでに死亡しており、屋内から世帯主とみられる男性の遺体が見つかった。南アルプス署が男女の身元確認を急ぐとともに、自殺と事件の両面で現場の状況などを詳しく捜査している。

 同署の調べでは、男性の遺体は1階寝室の布団の上で見つかり、掛け布団がかかっていたという。

【関連記事】
「かっとなって殺した」 遺体は男の両親と確認 静岡・磐田
高槻女性遺棄事件 養父母ら3人を近く本格聴取
新座市の川に遺体 80歳ぐらいの女性か
両親に灯油かけ放火 殺人の疑いで57歳男逮捕
横浜・鶴見川の女性遺体 数日前から放置か
少子化を止めろ!

2審も掛布さんに支払い命令 大阪高裁(産経新聞)
女子生徒にみだらな行為=24歳教諭、容疑で逮捕−千葉県警(時事通信)
身障者用トイレを自宅代わりに 42歳男を逮捕(産経新聞)
<鉄道ファンの音>車掌の肉声や「鉄オタ クラシック」 相次いで発売(毎日新聞)
千葉「正論」懇話会 遠藤浩一氏講演「民主党バブルは崩壊」(産経新聞)
[PR]
by vbslgvt40z | 2010-05-18 18:15
 都市の緑化や子供が外で遊べる環境づくりのため、東京都は平成17年度から公立の小中学校の校庭芝生化に補助金を出し、28年度までに芝生化率100%を目指している。しかし、4月現在で校庭が芝生化されたのはわずか155校で、全公立小中学校(約1900校)の8%に過ぎない。なぜ校庭芝生化は進まない−。(立田健)

                   ◇

 校庭には青々とした芝生が広がり、裸足で駆け回る子供の歓声が響き渡る。時折、タイマー設定で自動散水する4機のスプリンクラーが回る。

 これは、19年に校庭を全面芝生化した大田区立新宿小学校の風景だ。

 田村浩一校長は「室内より外で遊ぶ子供が増えた。砂ぼこりがたたなくなり、地域住民からの苦情が減った」と効果を強調する。

 新宿小では、芝生の専門的な維持管理は業者に委託。一方、芝刈りは毎週土曜日の早朝、教員や保護者、町内会や校庭を利用するサークルなどが持ち回りで担当している。

 芝の管理を手伝う本町1丁目町会の宮武幸雄町会長は「自分の通った学校なので芝刈りの手間は全く苦にならない。芝生の校庭は自慢」と笑顔をのぞかせた。

 しかし、新宿小のように芝生化を成功させた学校は多くない。

 都が芝生化をした学校を対象に行った調査では、「芝生化で子供の行動が変わったか」の設問に、「大きく変化・少し変化」と答えた学校は46%。「あまり変化なし・どちらとも言えない」は47%で拮抗(きっこう)している。地域の評判も「どちらとも言えない・あまりよくない」が37%と、不満の声も少なくない。

 この結果について、「芝生化するのは校庭の一部だけというケースが多く、効果を実感できていないのでは」とは都の担当者の弁。実際、芝生化した学校の校庭に占める芝生の面積は平均で4分の1だ。

 さらに、地域からは「芝生の維持管理は大変」「芝生が育つ間、授業はどうするのか」「野球ができなくなる」といったさまざまな意見が出るという。

 行政から補助金が出るとはいえ、芝刈りなどの基本管理は保護者や少年野球チーム、町内会の助太刀が不可欠。都によると、こうした声のため、芝生化自体をあきらめた学校も多いという。

 芝生化面積の縮小も、こうした地域の声が理由となっており、面積が狭くなると、芝生化の効果が薄くなる−という悪循環に陥っている。

 都は28年度には都内全校の校庭を芝生化する目標を掲げ、「芝生化は地域住民の理解や協力なくして成り立たない。それを進めるには学校側の熱意やリーダーシップにかかっている」と学校の主体性を強調する。だが、当の学校にとってはなかなか「隣の芝生は青く見えない」ようだ。

山陽道でトラックと乗用車多重衝突、3人死亡(読売新聞)
<毎日新聞社>1都3県で「MAINICHI RT」創刊へ(毎日新聞)
首相、徳之島への移転要請=3町長は拒否へ−普天間(時事通信)
<仙台教諭殺害>血痕の足跡数百メートル 引きずった跡も(毎日新聞)
水上バイクで2人死亡=1人不明、利根川で−茨城(時事通信)
[PR]
by vbslgvt40z | 2010-05-11 01:49