2010年パチンコ収支


by vbslgvt40z

<赤ちゃんポスト>15人のうち1人は親元に 熊本09年度(毎日新聞)

 熊本市は25日、慈恵病院(熊本市)が親が育てられない子供を匿名で受け入れるために設置した赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)の09年度利用状況を公表した。15人が入れられ、14人の身元が判明したが、親元に戻った子供は1人で、家庭復帰の難しさを改めて示した。

 15人のうち新生児(生後1カ月未満)13人、1歳以上の幼児が1人いた。全員虐待の跡はなかった。身元が分かった14人の親の居住地は、関東が5人で最多。以下九州3人、中部・近畿・中国が各2人。熊本県内はいなかった。母親の年代別では20代が9人と最も多く、10代3人、30代2人だった。

 熊本県の検証会議が09年11月にまとめた最終報告は、親がポストを利用した背景などを盛り込んでおり、熊本市は今回から公表項目を7項目増やし25項目とした。新たに公表された、ポスト利用の理由は「未婚」「世間体・戸籍」が6人ずつで最も多く、「祖父母の反対」などが3件と続いた。両親の関係は夫婦が2組、恋人などが4組。別に妻子がいる父親2人、別に夫がいる妻1人の不倫関係が3件あった。養子縁組の成立や里親委託など、その後の子供の状況は公表されなかった。

 会見した慈恵病院の蓮田太二理事長は、身元が判明した子供が親元に戻っていないことについて、「児童相談所は家庭で育てるよう努めてほしい」と、親元に戻れない場合は養子縁組を勧め、新しい家庭を得られるよう努力するよう訴えた。【結城かほる】

【関連ニュース】
0歳女児虐待:両親を傷害容疑で逮捕、送検…大阪府警
長女虐待:0歳時に重傷、24歳両親を逮捕 大阪府警
裁判:娘の点滴、水混入の母に懲役15年求刑 京都地裁
傷害容疑:1歳長女に熱湯 23歳母親逮捕 大阪
小1虐待:母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿

<常用漢字>191字増の2136字 改定答申案決定(毎日新聞)
三橋歌織被告「責任能力あり」=夫殺害切断、二審の再鑑定で―東京高裁(時事通信)
ワクチン投与「やむを得ず」=農水相に苦言も―宮崎県議会議長(時事通信)
被害者なのに…責任追及の矢面に(産経新聞)
普天間方針、福島氏「首相発言」で決定に反対(読売新聞)
[PR]
by vbslgvt40z | 2010-05-27 14:05